ニキビ・尋常性ざ瘡

にきび・じんじょうせいざそう
ニキビの臨床写真1
ニキビの臨床写真2

ニキビについて

ニキビは、皮脂が多く毛穴が詰まりやすい体質、乾燥肌、生活要因(ストレス、睡眠不足、炭水化物の取り過ぎ)、ホルモンバランスの異常、お薬の影響などにより生じます。

にきびは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という皮膚疾患です。

にきびは、過剰な皮脂と毛穴の詰まりによって白ニキビができ、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすことによって、赤ニキビになります。

黒ニキビ皮脂が酸化して黒く見えている状態のニキビです。

maruhoニキビ治療プロジェクトサイト

ニキビの三大要素

ニキビを治療するには、ニキビの原因を理解することが大切です。

1. 毛穴の詰まり
– もともと毛穴の詰まりやすい体質
– 肌に合っていない化粧品や保湿剤による毛穴の詰まり
– 肌の乾燥、紫外線、摩擦で生じた皮膚炎による毛穴の詰まり

2. 皮脂の貯留
– 睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れによる皮脂分泌の増加

3. アクネ菌
– 毛穴の詰まりによりアクネ菌が繁殖しやすい環境
– ステロイド剤や免疫抑制剤の外用、内服によるアクネ菌の繁殖

ニキビのでき方

人の皮膚は乾燥や外部刺激から身を守るため皮脂によって保護膜を作ってます。
通常、皮脂は肌の健康維持に必要な存在なのです。
皮脂は皮脂腺で作られ、毛穴から排出されます。

毛と皮脂腺

しかし、肌バリア機能がうまく働かなくなったり、毛穴が詰まってしまうと、皮膚の中に皮脂や角質などの汚れが、溜まります。

そこにニキビ菌(アクネ菌)が繁殖してしまい、ニキビが悪化してしまうのです。

ニキビ菌と戦うために免疫細胞が集まることで、強い炎症を起こして赤く腫れます。
この状態が赤ニキビです。

炎症によって周囲の組織が破壊されるため、ニキビの炎症が治まった後に瘢痕(ニキビ跡)が残ります。

また、炎症によってメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)が活性化することでシミ(炎症後の色素沈着)が長く残ってしまいます。

ニキビの種類についての写真
ニキビのでき方、種類についてのイメージ写真



ニキビは段階にあった治療をおこないながら、生活要因の中で改善可能なものは改善を心がけニキビが生じにくい肌環境を整える必要があります。

ニキビは皮膚の慢性疾患のひとつで、治療するには時間がかかります。
ニキビのお薬に肌を慣らすまでに1ヶ月間。しっかり治療効果がでてくるまで3ヶ月間ほどかかります。
一旦症状が改善した後も、ニキビのできにくい肌質を維持するため外用治療は継続していただく必要があります。

根気よく治療しましょう。


ニキビの治療

保険診療

①赤ニキビ : 抗菌外用薬(過酸化ベンゾイル、抗菌薬)、抗生剤内服薬
②白ニキビ : 毛穴の詰まりを改善する薬ピーリング作用を持つ塗り薬

ニキビに対する保険診療治療薬の表


これらの外用薬を組み合わせて使用します。
耐性菌の問題から、長期に渡る抗生剤の内服や外用は控える必要があります。

その他、皮脂分泌抑制作用や抗炎症作用のある漢方薬やビタミン剤の内服をお勧めすることもあります。

皮脂分泌のコントロールは非常に難しく、日常生活でストレスをためないこと、睡眠をしっかりとること、ビタミンを豊富に含む緑黄色野菜を多めに摂取していただくことが大切です。



塗り方の注意点

毛穴の詰まりを改善するお薬ピーリング作用をある薬は、刺激感があったり、かぶれを生じることがよくあります。

一気に広い範囲に外用すると、乾燥、赤み、ひりつき、皮むけ、痛み、かゆみなどを生じてしまい外用が続けられなくなりますので注意が必要です。

刺激症状を緩和するために、ニキビのお薬を塗る前に保湿剤によるスキンケアを行いましょう。

ニキビのお薬を使用する際には、ほんの少しの量の外用から始め、刺激症状がきつくならないことを確認しながら、数日毎に少しずつ塗り拡げることが重要です。

外用後に刺激感が強く生じる場合は、早めに洗い流しましょう。

おおよそ、2週間から1ヶ月ほど時間をかけながらお薬に肌を慣らしていきます。
皮膚がお薬に慣れてくると刺激感は徐々になくなってきます。

顔が赤く腫れ、かゆみの症状がひどく生じた場合はアレルギー性のかぶれの可能性もありますので早めに受診しましょう。ベピオゲルの治験では100人中3人にアレルギー性のかぶれが生じたとされています。

お薬のその他の注意点

ベピオゲル:漂白作用がありますので、眉毛、髪の毛、色物の衣類にお薬が付着すると脱色されてしまいます。ご注意下さい。

ディフェリンゲル:妊娠中、授乳中の方には使用できません。

刺激感を感じやすいため、日焼け対策をしっかりと行ってください。

抗菌薬の内服、外用剤:長期使用による耐性菌の出現が懸念されます。
→耐性菌が出現しないと言われている過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)によってアクネ菌をコントロールする必要があります。

自費診療、美容施術

保険診療のお薬は大変有効なのですが、治療に時間がかかることも多く、お薬に対するアレルギー性のかぶれが生じる方や治療の難しい頑固なニキビ、重症ニキビの方もおられます。

当院はニキビ治療に力を入れております

保険診療では治療が難しいニキビに対しても有効性の高い自費診療を提供予定です。

ニキビゼロを目指して、脂腺を熱で破壊して部分的にニキビを根治する高周波(RF:radio frequency)治療、アレキサンドライトレーザーによるニキビ治療、毛穴の詰まりを改善するサリチル酸マクロゴールによるケミカルピーリング、ニキビ跡を薄くするダーマペン4、エレクトロポレーション(メソナJ)、ゼオスキンヘルスによるニキビ治療を予定しております。(現在準備中です。)

その他の注意点

生活習慣

睡眠不足、ストレスは皮脂の分泌を活発にし、にきびを悪化させます。
健康的な生活習慣を心がけましょう。

・炭水化物の取り過ぎにも注意して下さい。
→偏食を避け、炭水化物、タンパク質、脂質をバランス良く摂るようにしましょう。

・肌の乾燥によりにきびができやすくなります。
→肌質に合ったスキンケアを心がけましょう。

油分の多い保湿剤は毛穴の詰まりの原因となります。
ノンコメドジェニック(ニキビができにくいことが示されているもの)の製品をご使用ください。