多汗症とは

たかんしょうとは

多汗症には全身に汗が増加する全身性多汗症体の一部に汗が増える局所多汗症があります。

全身性多汗症には原因のわからない原発性のものと、感染症、内分泌代謝異常、神経疾患に合併した二次性のものがあります。

局所多汗症原因のわからない原発性のものと、外傷や腫瘍などの神経障害による二次性の局所性多汗症があります。

原発性局所多汗症では手のひら足のうらという限局した部位に過剰な発汗を認める疾患です。

幼少児期ないし思春期ころに発症し、手のひら、足のうらは精神的緊張により多量の発汗がみられます。

症状の重い例では時にしたたり落ちる程の発汗がみられ、手、足は絶えず湿って指先が冷たく、紫色調を帯びていることがあります。

この様な湿った手足はあせもができて表皮がめくれたり、カビや細菌の感染を起こしやすいです。

腋窩多汗症精神的緊張温熱刺激によって左右対称性に脇の下に多汗がみられ、下着やシャツにしみができる程です。手足の多汗を伴っていることもあります。

治療

第一選択  塩化アルミニウム
塩化アルミニウムの外用手のひら、足の裏に対して第1選択となります。
腋窩についても外用が有効です。
寝る前に腋窩、手のひら、足のうらに20~30%塩化アルミニウム溶液を外用します。
2〜3週間外用を続けると効果が表れ始めます。
手足にはサランラップやビニール手袋を用いた密封療法(薬を閉じ込める治療法)も有効です。
副作用としては刺激性皮膚炎があるものの、治療の休止やステロイド外用といったことで対処できます。


– イオントフォレーシス
手のひら、足の裏には有効な治療法で塩化アルミニウム外用療法と同じく第一選択の治療法です。
微弱な電流を手足に流すことによって発汗抑制作用が得られます。
申し訳ありませんが当院ではイオントフォレーシスを扱っておりません
イオントフォレーシス機器は市販のものを購入することも可能です。


エクロックゲル(ソフピロニウム臭化物ゲル)
原発性腋窩多汗症の方にのみ保険適応のある外用薬です。
多汗症の原因となる汗はエクリン汗腺から分泌されます。

エクリン汗腺は交感神経により調節されており、アセチルコリンエクリン汗腺ムスカリン受容体サブタイプ3(M3)を刺激することにより発汗を誘発すると考えられています2)
エクロック®ゲル5%の有効成分であるソフピロニウム臭化物は、M3を介したコリン作動性反応を阻害し、発汗を抑制します。


第2選択

– 腋窩、手のひら、足の裏全てにA型ボツリヌス毒素(BT-A)の局所注射療法です。
ボツリヌス毒素局注療法は、腋窩に対して欧米では非常に推奨度の高い治療ですが、本邦においては現時点で保険適応外であります。
手のひらや足の裏に対しては欧米でも保険適応にはなっていません。
当院ではボツリヌス毒素の局所注射を行っておりません


第3選択

手のひらの多汗症のみ内視鏡的胸部神経遮断術(ETS)という手術による治療があります。
ETSは手のひらの多汗症に対して他の治療法で効果がない場合適応となりますが、この手術を行っている施設が少ないことや、この治療をすることによって手のひら以外からの多汗(代償性発汗)をはじめとした合併症を生じることも多く、当院ではお勧めしておりません。